会員登録について

会員登録いただきますと売主様のご都合で情報を載せられない物件や公開前の最新情報をご覧いただけます。

競売物件コンサルティング

競売物件のノウハウを知りつくした築地だからできるサービス!

競売物件とは

競売物件とは、裁判所が債権者(お金を貸した人)の申立てにより、債務を弁済できなくなった債務者(お金を借りた人)又はその物上保証人(債務者のために担保となる不動産を提供した保証人など)の所有する不動産を差し押え、競売に出したもののことです。

債権者は、その不動産を売却した代金で、強制的に債権の回収を図ることができるのです。

一般物件との違い(メリット・デメリット)

物件自体は一般の不動産と変わりませんが、売主の協力が得られないために物件の内部を確認できず、瑕疵担保責任も無いという点において、差があります。

また、通常、債務が弁済出来ないという理由で競売物件となる訳ですから、物件の管理面において、管理がしっかり行き届いていない、場合によっては全く管理されておらず、荒れ放題のような物件もあります。

ただ、ここで注意しておきたいところですが、上記のような理由があるからこそ競売物件の売却の基準となる価格が低めに設定されているのです。 これは「競売原価」といい、不動産競売を促進するために、物件の評価をする不動産鑑定士が評価した物件の価格に0.7をかける、というものです。

要するに、その物件が一般市場に売りに出ているとした場合の約7割の金額から購入が可能なのです。

これを、売却基準価格として公表するとともに、更にこの売却基準価格の20%引きの価格を買受可能価格と定め、この価格以上であれば入札が出来ることになっております。

つまり、一般評価額の70%×80% = 56% で物件購入が可能になったのです。

築地の競売物件購入サポート

競売不動産は「一般市場価格よりも低い価格で購入できる」「なかなか市場に出ない物件が購入できる」などのメリットもありますが、その反面「物件の中を見ることが出来ない」「立退き交渉が必要」「複雑な権利関係がある」など、一般の方が全ての業務を遂行するには無理な一面があります。

弊社では、物件調査・入札相談から購入まで、全てにおいてクライアント様のバックアップをさせていただきます。後悔のない不動産購入のために安心してご相談ください。物件調査料は実費、競売代行料は物件によって異なりますので詳しくはお問い合わせください。

無料で相談する